読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割安株投資研究所

2004年に株式投資をはじめました。現在の投資スタイルは割安株投資がメインです。好きな格言は「人の行く裏に道あり花の山」。

保有銘柄のチェック②

四季報が発売になりましたね。今週は保有銘柄の四季報チェックを簡単にしていこうと思います。私は併せて日経会社情報もチェックしています。日経会社情報に関しては丸三証券で口座開設していれば無料で閲覧できるのでおすすめです。

ちなみにスマホのアプリでも見れます。やり方は丸三証券のアプリからログインして、左上のホームボタン→テレコンボタン→右上のメニューボタン→企業検索→調べたい企業名を入力して検索すれば今号と前号の日経会社情報が閲覧できます。

 

◆ひらまつ(2764)

四季報予想】前号より利益面は上方修正。会社業績予想に合わせた形か?

【コメント欄】業績に関しては、新店開業に伴うコスト増もあるが前期の新店が通期で寄与することや箱根の復活で業績回復が期待できるとある。その他では、社長交代、創業35周年の記念配実施、18年夏に沖縄への出店などリゾート地への国内外から顧客獲得を目指すことなどが紹介。

【株価】決算後買われたものの今回の下げ局面で振り出しに戻っている格好。投資したいと思っている投資家にとってはありがたい状況か?

◆ハウスドゥ(3457)

四季報予想】前号より上方修正。会社業績予想に合わせた形か?

コメント欄】業績に関しては、来期(2017年6月期)も個人の不動産を買い取り同じ個人に賃貸するハウス・リースパック事業などが伸びることで、コスト増を吸収して連続最高益となる見込み。その他では、配当性向20%以上、ベネフィット・ワンとの提携で集客強化、京都市に簡易宿泊施設を建設して宿泊ビジネスにも参入することが紹介されています。

【株価】大相場が終了してどこで下げ止まるかに注目。やっと時価総額が150億円くらいまで下がってきたので、そろそろ打診買いしても良いころには思える。6月末に初優待を控えているが利回り的な魅力はあまりない。

◆綿半ホールディングス(3199)

四季報予想】前号とほぼ同水準。

【コメント欄】業績に関しては、ホームセンター事業は前期の新店2店と買収した愛知の食品スーパーが通期で寄与。建設事業は四季報では前上期に多かった好採算案件が減少とあるのに対して、日経会社情報では利益率の高い案件が増加とあり正反対のコメント。その他では、M&A継続模索とあるが・・・。

【株価】直近2か月は25日線の上で推移しており極めて順調。個人的にはフェアバリューだと思います。

パピレス(3641)

四季報予想】前号と同じ。

【コメント欄】

業績に関しては、電子書籍販売はテレビCM効果で女性会員が拡大。電子貸本もキャンペーン効果やリピーターが急拡大、海外向けも貢献し、広告宣伝費・コンテンツ調達費用・新規事業への先行投資がかさむが連続最高益を更新する見込み。その他では、取締役への株式報酬制度を導入で株価を意識した経営に期待が持てる。

【株価】決算発表後、動意づいていた株価が今日の急落で一旦終了した感じです。ツイッターでもつぶやきましたが、株価2,000円を割ってくればまた大きく買い増したいですが、そこまで下げるかどうかは分かりません。

◆ビジョン(7508)

四季報予想】前号と同じ。

【コメント欄】業績に関しては、下期の費用抑制次第で上方修正の可能性あり。総じてどの事業も好調。前期計上の株式売却益なくなり純利益は横ばい。その他では、米国進出、役員持ち株会を設立。

【株価】ここ数か月は堅調。6月末の初優待で株価が堅調なのか?SBIでやっていた個人投資家説明会などで露出が増えたことで投資家の認知度が上がったのか?多くの要因はあると思いますが、注目されるのは良いことだと思います。

 

ちなみに、今回取り上げている銘柄の順番はPFの保有金額と関連はありません。目についた順からランダムに取り上げています。

 

それではまた明日(@^^)/~~~

 

年会費無料で優良企業のセミナーやIR動画を見れるおすすめのサービスです。  

 

◆書籍紹介

会社四季報2016年3集夏号

会社四季報2016年3集夏号

 

 

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^^♪


サラリーマン投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村