読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割安株投資研究所

2004年に株式投資をはじめました。現在の投資スタイルは割安株投資がメインです。好きな格言は「人の行く裏に道あり花の山」。

丸三証券の魅力

証券会社のお気に入りポイントを紹介する企画の第3弾は「丸三証券」です。

www.03trade.com

 

2回連続で私のメイン証券会社を紹介したので、一発変わり種も紹介しておきます。

 

◆お気に入りポイント

日経テレコン21が利用できる

日経テレコン21は本来月額利用料が8,000円もするサービスです。これが無料で利用できるというのは素晴らしいサービスだと思います。ちんみに楽天証券のマーケットスピードでも日経テレコン21は利用できます。取引しないとダメですが・・・。

日経テレコン21で具体的にできることは以下を参照してください。

f:id:maropiko:20150924120815p:plain

私は主に2つの使い方をしています。

1つは、気になった銘柄の過去記事の検索です。

例えば、最近では「アダストリア(2685)」に投資する際に、実際に検索した際にヒットした「日経MJ(流通新聞)」の記事がこちらです。

f:id:maropiko:20150924121946p:plain

このように日経MJ日経産業新聞などの専門誌の記事が検索できるというのが、非常に使い勝手が良いです。このあたりまで目を通している人は少数ですし、知識を増やすという意味でもありがたいサービスですね。

もう1つが日経会社情報が閲覧できることです。

丸三証券と言ったらこれに尽きると言っても良いくらいのキラーコンテンツです。

どこの証券会社も会社四季報は閲覧することができますが、日経会社情報が閲覧できる証券会社は丸三証券だけです。

四季報の方が価値が高いのは周知の事実でしょうが、日経会社情報にもセカンドオピニオン的な価値はあると思います。

例えば「クスリのアオキ(3398)」の比較がこちらです。

f:id:maropiko:20150924123310p:plain

f:id:maropiko:20150924123319p:plain

それぞれ違いがありますよね。勉強熱心な投資家なら両方知りたくなると思います。

日経会社情報が閲覧できる証券会社は丸三証券しかないので、情報収集という観点では他の証券会社とは一線を画す価値があります。

以上が丸三証券の私のお気に入りポイントです。

1つだけ???と思うかもしれませんが、1つだけです。

個人的には立会外分売が申し込めるのもうれしいですが、とにかくそれだけ日経テレコン21を利用でき、日経会社情報も閲覧できるというのは個人投資家にとって素晴らしいサービスだということです。

日経テレコン21の年間利用料(8,000円×12=96,000)と年4回発行の日経会社情報(2,057×4=8,228)の年間104,228円分の価値があるものを無料で利用できると考えると、口座開設しておいて損はない証券会社だと思います。

 

それではまた明日(^_^)/~

 

◆書籍紹介

日経マネー(ニッケイマネー)2015年11月号

日経マネー(ニッケイマネー)2015年11月号

 

 

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^^♪


サラリーマン投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村