読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割安株投資研究所

2004年に株式投資をはじめました。現在の投資スタイルは割安株投資がメインです。好きな格言は「人の行く裏に道あり花の山」。

ピックルスコーポレーションの(2925)の2014年2月期決算

◆株式データ(4/15終値

株価   715円

単元株数 100株

PER   6.2

PBR   0.62

配当利回り 1.68%

時価総額 45.75億円

発行済株式数 6,398,000株

 

◆決算速報

平成26年2月期決算短信」で数字を確認しておきましょう。

以下は(昨年比)で記載します。

売上高  256.48億円(6.6%)

営業利益 8.52億円(△6.9%)

経常利益 9.71億円(△0.3%)

当期純利益 6.08億円(6.7%)

以上のように増収増益(営業減益)の決算になりました。

個人的には第3四半期単体の赤字から良く立て直したなぁと思います。

次に今期(平成27年2月期)の業績予想を確認しておきましょう。

以下は(昨年比)で記載します。

売上高  273.00億円(6.4%)

営業利益 11.30億円(32.5%)

経常利益 12.25億円(26.0%)

当期純利益 7.38億円(21.3%)

今期も増収増益の予想で3期ぶりの最高益を更新する見通しです。

 

◆目標株価

今回の決算内容を受けて、新しく目標株価を計算し直したいと思います。

事業価値 96.86億円(11.30億円×0.6/7%)

財産価値 17.85億円

負債   31.55億円

株主価値 83.16億円

目標株価 1300円

 

◆コメント

もともと主力株の一つにしていた銘柄なので割安度は高いです。ただし、前期のことがあるのでそのまま業績予想を信じるのは怖いです。というのも前期は天候不順による仕入れ価格高騰で利益面が大きく影響を受けたという前科があるからです。

今期は北海道地区での生産能力増強を目的とした札幌新工場の稼働や、前期から稼働した中・四国地区の新たな製造・販売拠点である広島工場もフル寄与してきます。セブン‐イレブンの四国での出店本格化も追い風となるでしょう。

過去の業績を改めてみると売上はセブン&アイ向けが約4割を占めていることもあり成長力は高いのですが、ここ数年の利益面は停滞傾向なのでそこにメスが入るのかどうかがポイントだと思います。

最後に本日決算発表と同時に自社株買いの発表も同時に行っており、今期の業績予想もポジティブだったので、明日の株価は良い反応となるでしょうね。

 

◆書籍紹介

 先週号ですが、これを読んで私は2つ気になる銘柄を発見しました。

週刊東洋経済 2014年4/12号 [雑誌]

週刊東洋経済 2014年4/12号 [雑誌]

 

 

それではまた明日(^_^)/~

 

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^^♪

 


サラリーマン投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村